美術商に転職し、服屋をやっております。休止前、おそらくナイル川の遺跡を盗掘して手に入れていたであろう生糸やら金糸を消費しないと…久しぶりの輸送用ケベック。なかなか速い。どうやって手に入れたのか覚えていないトルコ服のレシピ。着ている人も割と見かけるし、売れるのかなあと半信半疑で生産。服の流行を見極めなければなりません。

>>続きを読む